ヨガマットのJadeYoga(ジェイドヨガ)日本公式サイトです。JadeYogaでは、天然ゴムでできた滑らないヨガマット、吸水性抜群のヨガタオル等、ヨガ関連商品を販売しています。

ヨガマットの選び方

  • HOME »
  • ヨガマットの選び方

 

なぜヨガマットは必要なの?

 

ヨガするときに敷いて使うヨガマット。ランニングするときにランニング・シューズがランニングのパフォーマンスを大きく変えてくれるのと同じように、ヨガマットを使うことによって、ヨガの良さを最大限にしてくれる、そんな役割を担っています。

ヨガのポーズのなかでも、座位のポーズや膝立ちのポーズでは特に、フローリングやコンクリートの床の上で直にとることで、お尻の骨や膝に痛みを感じることにもなりかねません。また、大きく動くポーズでは、床面に接する手や足が滑ってしまうことで、大きなケガにつながりかねない危険性もあります。

そこで、ヨガマットを選ぶときにチェックしたい点は大きくわけて2つ!マットの『クッション性』と『グリップ力』といった機能の違いと、重さや大きさ、カラーなどの仕様について、自分に合ったマットを選ぶことが大切になります。

 

ヨガマットスペック一覧表

 

レベル別ヨガマットの選び方

 

 

 

JadeYogaマットは、ヨガのレベル別にマットはつくられていませんが、このレベルのヨギーにはこのマットがぴったりなのでは?という思いもあります。そんな独断と偏見で、レベルごとにおススメのマットをご紹介します。

 

ヨガをはじめたばかりのビギナーさん。

ジムやスタジオのレンタルマットから卒業して、はじめてのマイマットを選ぶときのポイントは、「スタジオ」でも「おうち」でも両方使えるヨガマットをもつことが大切です。

そんなあなたにおススメは、”JADE トラベル

 

  厚みは3.2mmの標準タイプで重さが1.2kg。ヨガ女子でも持ち運べる重さなのに、底付き感がないので、スタジオにヨガが楽しめるマットになります。長く続ければ続けるほど効果がじんわり聞いてくるヨガだから、スタジオレッスンだけでなくて、おうちでもヨガできる環境づくりが大切になります。

 

数か月から1年以上経って、少しヨガにも『こなれた感』が出てきた中級ヨギー。

初級クラスのヨガの強度にも慣れてきて、いろんなポーズにチャレンジしたいこの時期は、スタジオ通い用のトラベルマットとは別におうちで自分に向き合う時間をとるためのヨガマットを別にもつことがヨガを深める近道になります。

そんなあなたにおススメは、”JADE ハーモニープロフェッショナル

 

JadeYogaのヨガマットの中で一番人気のこのマットは、厚み4.5mmで、グリップ力もクッション性もベストバランスで作られたヨガマットです。熟練ヨギーになってくると、自宅用に1枚、スタジオ(置きマットとして)用マットとして1枚用意しているヨギーも。ヨガする場所によって色を変えてヨガに向き合う、そんな使い分けをしている熟練ヨギーも多くいます。

 

ヨガの指導者として。

あるいは日々の生活そのものでヨガを実践する上級ヨギーたち。
さらなる自己鍛錬を続ける上級ヨギーたちは、スタジオでのヨガの練習よりも、自宅でのヨガがメインとなることでしょう。そんな上級者たちのOn the Yoga Matとは、聖域(サンクチュアリ)そのものです。より丁寧に自分の身体のパーツを観察したり、心をみつめたりする時間を過ごすためには、こだわりの一枚を選ぶことが大切に。

そんなあなたにおススメは、“JADE フュージョン”

 

厚み8mmのどっしりとした重厚感で、長時間のアサナの練習はもちろん、ピラティスやコアワーク、それから瞑想といった長時間の座位にも、優しく身体を受け止めてくれます。一般的な8mm厚のヨガマットでは安定感を心配する声もありますが、JADEのフュージョンマットなら、そんな心配はご無用です。ただし、重さがあるので、持ち運びにはおススメできませんよ。おうちヨガにおつかいください。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 044-541-5138 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright(c)Uni-Create CO.,LTD All Rights Reserved.